Doorkeeper

API Meetup Tokyo #10

Fri, 23 Oct 2015 18:30 - 22:00

株式会社ビットアイル 本社

東京都品川区東品川2-2-28 Tビル

Register

Registration is closed

Get invited to future events

Free admission
API Meetup本編は参加費無料です。懇親会は飲み物・軽食代として¥1,000頂きます。

Description

ついに実現!リクエストの多かった Bluemix、 AWS のスペシャルバージョン

モバイルアプリの爆発的な普及をきっかけに、サービスバックエンドの Web API化が急速に進んでいます。
この動きは単なる内部実装に留まらず、企業がビジネスをAPI 化してネット上に展開する、という大きな流れを生み出しています。

API Meetup は、Web API に携わる開発・企画担当者が、API まわりの様々な要素技術や適用事例を一緒に学ぶオープンな勉強会です。

今回は、エントリー時のアンケートで参加者からリクエストの多かったBluemix、AWSの2本立てです。Bluemixユーザー会から原田さん、AWSからシニアソリューションアーキテクトの西谷さんにお話頂きます。
また、ライトニングトークも行います。枠に限りがありますので、LT希望の方は 「お問い合わせ」よりご連絡ください。

※LT申込みを締め切らせて頂きました。申込み頂いた方ありがとうございました。

セッション概要

1. ユーザ視点で見たIBM BluemixとAPIの可能性

Bluemixユーザ会 原田 一樹さん
Bluemixはサービス間の連携に必要なAPIはもちろん、単なるPaaSの枠を超えた色々なAPIの切り口も持っています。
便利なAPIを見つけて使いたい方、複数のAPIをまとめて管理したい方、APIを活用して市場にサービスを公開したい方…APIの世界でBluemixは面白い使い方をすることが可能です。
本セッションでは、Bluemixユーザー会の代表としてユーザの視点でBluemixの持つ可能性について紹介します。

2. クラウドネイティブ化する未来

アマゾンデータサービスジャパン
シニアソリューションアーキテクト
西谷 圭介さん(@Keisuke69)
クラウドが当たり前となりつつある今、その新しいアーキテクチャの1つの在り方についてお話しします。
Amazon API GatewayとAWS Lambda、そしてその他のAWSサービスを活用することで実現する高い可用性と拡張性を備えつつ、リーズナブルかつスピーディな次世代アーキテクチャをご紹介します。

3. ライトニングトーク

ライトニングトーク 3本予定!

タイムテーブル

Updated: ライトニングトークの枠を30分に拡大しました。それにより終了時間が21:05となっています。ご注意ください

時間      タイトル     スピーカー  
18:30 受付開始
19:00-19:05 会場諸注意
19:05-19:10 オープニング API Meetup運営チーム @kinunori
19:10-19:40 ユーザ視点で見たIBM BluemixとAPIの可能性 Bluemixユーザー会 原田 一樹さん
19:40-19:50 休憩
19:50-20:30 クラウドネイティブ化する未来 アマゾンデータサービスジャパン 西谷 圭介さん
20:30-21:00 ライトニングトーク
MFクラウド請求書API
NHKとAPI 〜 放送通信連携とAPIの今 〜
21:00-21:05 クロージング&次回予告

懇親会について

終了後、会場内で懇親会を開催します(任意参加)。参加費は¥1,000を予定しています。

会場の入館方法

今回の会場はビットアイルさんに提供いただきます。

入館受付は 18:30 開始です。

会場内に、無線LAN、電源はありませんのでご了承ください。

受付が混雑する場合がございますので、受付の際はあらかじめDoorkeeperのチケットQRコードをご用意頂き、お待ちいただけると助かります。

動画配信 および アーカイブの公開について

こちらで動画配信を行います
http://www.ustream.tv/channel/api-meetup

録画アーカイブの公開については未定です。

About this community

API Meetup

API Meetup

API Meetup is the open community where developers/business planners share their ideas, knowledges and experiences around Web APIs. The goals of the community are: 1) to raise awareness of Web APIs ...

Join community